(4)のこぎり歯状摩耗

タイヤ・トレッドのパターンがプロック状になって
いるタイヤにおいては、のこぎり歯状摩耗を起こす
ことが多くあります。特に舗装道路を多く走行する
と、設置したブロックが離れる瞬問に路面に対しス
リップするので最後に路面を離れる部分が摩耗しま
す。
極端な、のこぎり歯状摩耗を発生する原因としては
、ホイール・ベアリングのガタ、トーインの不良、
マイナス・キャスタまたは左右不等キャスタ、ホイ
ール・バランスの不良、ターニング・ラジアスの不
良によるものなどがあります。
(5)波状摩耗

波状摩耗は、タイヤ・トレッドが右図のように波状
に摩耗したもので、リブ型のトレッドを持つタイヤ
に発生しやすいものです。
この摩耗の原因には、ホイール・パランスの不良、
ホイール・ベアリングのガタ、ホイール・アライメ
ントの狂いなどがあります。
(6) 皿状磨耗

高速走行をする自動車によく発生する摩耗で、タイ
ヤ・トレッドの1箇所、または2〜3箇所が平皿の
ように平に変形摩耗する現象です。
皿状摩耗の主な原因には、ホイール・パランスの不
良、ホイール・ベアリングのガタ、ボール・ジョイ
ントやタイ・ロッド・エンドのガタ、ホイール・ア
ライメントの狂いなどのほか、急発進、急制動、急
旋回などによつても発生します。
(7)ビット状摩耗

全てのホイール・アライメントが正しく調整されて
いても、ホイールのアンバランスがあればピット状
(みぞ状)の摩耗を起こします。
これは明るい太陽の下でなければ見えない程度のも
のですが、タイヤ・トレッド面をす旨で触れてみる
と小さな凹みとなつて感じられます。これは定期的
間隔でスリップを起こすためであると考えられま
す。


HOMEつぎへ