エンジンオイルが重要といわれるわけは?

「エンジンオイルが重要」というのは単なるセールストークではありません。 
 エンジンオイルはエンジンの性能を保つ上で欠かせない重要な役割をになっている。 
 人間でいえば血液に相当するものだからです。
 エンジンオイルは大きく分けて5つの 役割を果たし、いかなる状況でも安定した
 性能を発揮しなければなりません。
1.潤滑作用
   シリンダーとビストンに代表
   される金属の接触面に被膜を
   形成し、抵抗の軽減や焼付の
   防止を図ります。

2.冷却作用
   直接ガソリンの爆発にさらさ
   れるビストンシリンダーの熱
   を吸収し、各部へ逃します。
3.防錆作用
   燃焼ガスに含まれる酸性成分に
   より、エンジン内部がへ腐食す
   るのを防ざます。

4,清浄作用
   燃焼などによって発生するスラ
   ッジ(スス)を溶かし込み、エ
   ンジン内部をクリーンに保ちま
   す。

5.密閉作用
   爆発圧がビストン、シリンダー
   間から逃げるのを防止し、効率
   よく動力に変換する手助けをし
   ます。

エンジンオイルの交換時期は?

 近年、エンジンの精度が高くなり、一見オイル変換もマメに行う必要がないようですが、  性能が向上した分、オイルに対する環境はますますきびしいものになつているのが現実   です。エンジンオイルは高温、高圧の中で様々な役割を果たすため、TURBO車、DOHC車、  また渋滞走行、山岳走行の多い車は少なくとも、3,000kmまでに変換される事をおすす   めします。
  
走らなくてもオイル交換は必要ですか?

  あまり走らない車でも実は定期的なオイル交換は必要です。これはいったん充てんしたオイル  
  は、湿気を吸収したり酸化したりして劣化するためです。 いつもベストコンディンョン を保つた  
  めには6ヶ月に1度交換される事をおすすめします。
   
メーカー純正と一般ブランドオイルの違いは?

 一口にオイルと言っても実にさまざまな種類があり、大きく分けてメーカー純正オイル   と一般市販ブランドがあります。しかし、自動車メーカーが直接オイル精製をしている  わけではなく、オイルの基本的な目的、成分はほぼ同じといえます。

  次へ    もどる


HOME